ビットコインがもらえるマイニングの仕組み

ビットコインのマイニング仕組み

マイニング(発掘)をすれば、新規発行したビットコイン

もらうことができます。

ビットコインをもらえるのなら、マイニングをしてみてもいいと思いませんか。

そこで、マイニングとは、どんな作業なのか調べてみました。

マイニング(発掘)とは

マイナー(発掘者)が、ビットコインの取引が適正かどうかを判断して

正しければ、承認する作業です。

 

マイナー(発掘者)は、ビットコインの取引の確認を行いますが、

もし、悪意のあるマイナー(発掘者)が不正にビットコインを承認してしまうと問題です。

 

この不正を防ぐ仕組みが、「プルーフ・オブ・ワーク」です。

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)

プルーフ・オブ・ワークとは、一番早く発掘した人に

報酬として、新規発行のビットコインがもらえるシステムです。

 

このシステムは、悪意のあるマイナー(発掘者)が不正に承認しようとしても

承認ができないようになっています。

 

その理由は、他のマイナーも同じように、チェックを行っているからです。

不正な承認をしても、他のマイナーが不正を見破ることができるため、

安全性を保つことができるんです。

誰でもマイニングができるのか

マイニングは、誰でも参加することができます。

但し、マイニングに参加をすることができることと

マイナーの競争に競り勝ち、ビットコインを獲得できることは別です。

 

ビットコインをもらうには、他のマイナーよりも

早く・正確に確認作業を完了する必要があります。

 

ビットコインの計算をするには、膨大なデータを処理する必要があるので、

一般人が参加しても太刀打ちができない状況になっています。

 

残念ながら、個人のパソコンでは、マイナーになることは現実的ではありません。

何百万円単位で投資をしてもビットコインを獲得できるかどうかというレベルまで来ています。

 

まとめ

ビットコインを獲得できるマイニング

仕組みについてまとめました。

 

マイニングによって、ビットコインが不正に作られることを

監視できています。

 

一番早く正しい計算を行ったマイナーには、ビットコインが与えられます。

しかし、一般の人がマイナーになるには、ハードルが高くなっているのが現状です。

 

ビットコインに限らず、アルトコインでもマイニングが行われています。

マイニングをしてみたい方は、アルトコインのマイニングを狙ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です