ビットコインが新規発行されるのは、あと100年?

ビットコインの新規発行

ビットコインは、どのようにして新規発行されるのでしょうか。

 

日本円なら、日本銀行が紙幣を発行しています。

しかし、円などの通貨と違ってビットコインには、発行主体となるものがありません。

ビットコインは、発行主体がないにもかかわらず、

新規発行が行われているんです。

 

その答えは、マイナーと呼ばれる人々によって、

ビットコインの新規発行が行われているんです。

 

マイナーとは

ビットコインのマイナーとは、発掘者とも呼ばれています。

 

マイナーの役割は、まず、ビットコインの取引が適正に行われてきているかどうかを判断します。

そして、正しく行われていれば、承認をします。

マイナーの役割によって、ビットコインのシステムの重要な仕組みである

ブロックチェーンが維持されているんです。

マイナーのメリット

マイナーは、ブロックチェーンの維持に協力する見返りとして、

ビットコインを与えられます。

このとき、ビットコインの新規発行が行われるんです。

ビットコインの発行期間

ビットコインの発行期間は決まっています。

その理由は、新規発行されるビットコインの量が決まっているからです。

新規ビットコイン発行の条件

約4年ごとに半分になることが決まっています。

計算上では、2140年頃になると新規発行がなくなる予定です。

新規発行がなくなったら

2140年頃にビットコインの新規発行がなくなったら、

ビットコインをもらえなくなってしまいます。

そうなると、マイナーがいなくなる可能性があります。

マイナーがいなくなってしまうと

ビットコインの取引が正確に行われるか確認ができなくなる可能性がありますよね。

しかし、ビットコインの新規発行がなくても、

マイナーには、手数料が支払われることになっています。

まとめ

ビットコインが新規発行される仕組みをまとめました。

ビットコインの新規発行は、マイナーに報酬として支払われることで

発生するんです。

最終的には、2140年頃に新規発行が終了する予定になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です