ブロックチェーンを分岐させるハードフォークとは?

ブロックチェーンのハードフォークとは?

ブロックチェーンは、仮想通貨(暗号資産)の取引データを記録したブロックが、

鎖(チェーン)のようにつながっている構造をしています。

 

ブロックチェーンは、取引が行われるとブロックがつながっていきます。

何も問題がない場合は、延々とそのチェーンがつながっていくわけです。

 

しかし、何か問題が起こったときには、チェーンの流れを遮る必要があります。

そうしなければ、問題が起こったままで記録され続けてしまうからです。

その時に使われるのが、「ハードフォーク」です。

 

ハードフォークによって、ブロックチェーンを分岐させる方法を使えば、

問題を解決することができるんです。

 

では、ハードフォークとは、どんな方法なのかをまとめました。

ハードフォークとは

問題が起こったときに、問題が起こる前のブロックチェーンから

別のブロックを分岐させることで、問題を解決する方法です。

 

ハードフォークが使われる機会は、ほとんどありません。

しかし、過去にハードフォークが実際に使われたことがありました。

The DAO事件

アルトコインのイーサリアムで、実際に起こった事件です。

The DAOというプロジェクトが、集めていた資金を

流出させられてしまう事件がありました。

 

流出した資金を取り戻すために、取られた対策がハードフォークです。

資金が流出する前の段階(ブロック)から、ブロックチェーンを分岐させることで、

資金の流出を防ぐことにしました。

 

このときに、ハードフォークを行い、無事に流出する前の段階に戻すことができたんです。

ビットコインの改良

事件以外にもハードフォークが行われたことがありました。

それは、ビットコインの問題解決を解決する手段としての使い方です。

 

ビットコインの送金遅延が、問題になったことがありました。

送金遅延の原因とされたのは、ビットコインのデータ量が少ないからでした。

この問題を解決するために、考えられたのが、データ容量が大きな仮想通貨(暗号資産)でした。

この仮想通貨(暗号資産)が、ビットコインキャッシュです。

 

ビットコインキャッシュを作るときに、

ビットコインにハードフォークを行いました。

まとめ

ブロックチェーンのハードフォークについてまとめました。

ハードフォークが使われる機会は多くありませんが、

過去にハードフォークが行われたことがありました。

 

問題が起こったときに、問題が起こる前までさかのぼったり、

問題を解決するために、分岐のために使われてきたんです。

 

問題解決のために、ブロックチェーンの流れを分岐するときに使われる方法が、

ハードフォークなです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です