仮想通貨のICOとは?

仮想通貨のICO

仮想通貨を購入方法の1つがICO(アイシーオー)と呼ばれる方法です。

ICOという言葉を聞いたことがある人も多いですよね。

 

しかし、いったいICOがどんなもので、どうやって購入したらいいのかが分からないですよね。

 

そこで、仮想通貨のICOについてまとめました。

仮想通貨のICOとは

ICOの意味

Initial Coin Offeringの頭文字を取ったものです。

プレセールともいわれます。

株取引の経験がある人なら、「IPO」のイメージに近いです。

買う方法

ICOは、だけでも買えるものではありません。

その理由は、取引所や販売所で、購入することができないからです。

 

では、どこで買えるんでしょうか。

現状では、販売権を持った人から購入することができます。

 

ICOを行う会社が、自社のICO案件を販売してもらう人を選定して依頼することが大半です。

中には、直接購入できるICOもありますが、注目されているICOは、このパターンが多いんです。

ICOのメリット

ICOには、2つのメリットがあります。

開発会社のメリット

ICOを行うと仮想通貨を開発している会社にメリットがあるです。

そのメリットとは、資金が集められることです。

 

仮想通貨を開発するには、開発資金が不可欠ですよね。

仮想通貨を開発したくても、資金が豊富にある会社は少ないです。

 

そこで、ICOを行うわけです。

そうすれば、開発資金を調達することができるんです。

購入者のメリット

購入者にもメリットがあります。

そのメリットは、仮想通貨を非常に安い価格で購入することができることです。

 

ICOで購入するときの価格は、仮想通貨が上場(取引所で取引できる状態)される価格よりも格段に安いことが多いです。

つまり、その仮想通貨が上場された段階で、すでに利益が出ている可能性が高いんです。

これは、非常にメリットがありますよね。

 

しかも、上場された後も大幅に上昇する可能性もあるんです。

最近話題になったのが、ADA(エイダ)コインです。

上場後の最高価格は、ICOの価格の約800倍です。

これは、少し特別な例かもしれませんが、安い価格で購入することができることは、非常にメリットがあるんです。

 

ICOのデメリット

ICOは、メリットがある反面で、デメリットもあります。

開発会社のデメリット

開発会社には、ほとんどデメリットはありません。

 

強いて言えば、どんな仮想通貨を開発しているのかを知られてしまうことでしょうか。

もし、その仮想通貨が優れていた場合、開発力がある会社に先を越されてしまう可能性はあります。

開発内容を明らかにしたにもかかわらず、資金が集まらないというリスクは、少なからずあります。

 

購入者のデメリット

購入者にもデメリットがあるんです。

それは、仮想通貨が上場(発売)されない可能性があることです。

 

ICOを行う段階では、仮想通貨は、まだ開発段階です。

完成すれば、上場(発売)されて購入することができるようになります。

しかし、完成しなければ、上場(発売)されないんです。

そうなると、投資した資金を回収できない可能性が出てきます。

これは、本当に最悪のパターンです。

ICOを選ぶポイント

ICOを選ぶポイントの1つは、ホワイトペーパーです。

ホワイトペーパーは、ICOを募集するときに、公開される説明書です。

 

ホワイトペーパーを見れば、この仮想通貨を使ってできることが分かります。

 

購入を検討している人は、この内容を見て判断することになります。

基本的には、英語で書かれていることが多いです。

 

その他にもポイントがあるんですが、その他のポイントは、メルマガでご紹介します。

興味がある人は、ぜひ登録してくださいね。

まとめ

仮想通貨のICOについてまとめました。

ICOは、開発会社にも購入者にもメリットがある方法でしたね。

開発会社は、開発資金を集めることができます。

購入者は、取引所で購入するよりも安い価格で購入することができます。

 

しかし、注意したいのが、デメリットがあることです。

いくら素晴らしい仮想通貨でも、完成して上場されなければ、使うことができません。

購入するときは、ホワイトペーパーの内容を理解し、完成しないリスクがあることも考えておく必要があります。

当然、投資なので、リスクがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です