仮想通貨と電子マネーの違いとは?

電子マネーとの違い

仮想通貨(暗号資産)と電子マネーの違いは、どこでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)に詳しくない人は、電子マネーと同じようなものと

考えてしまうかもしれませんね。

 

仮想通貨(暗号資産)も電子マネーと同じで、お金の形がありません。

この点は、共通しています。

 

しかし、仮想通貨(暗号資産)と電子マネーには、

明らかな違いがあるんです。

 

では、どんな違いがあるんでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)と電子マネーの違い

発行元

仮想通貨(暗号資産)には、発行元がありません。

それに対して、電子マネーは、企業が発行元になります。

 

例えば、Suicaなどの交通系のカードは、鉄道会社が発行元ですし、

nanacoの場合は、セブン&アイ・ホールディングスが発行元の電子マネーです。

価格変動

仮想通貨(暗号資産)は価格変動があります。

仮想通貨(暗号資産)の価格は、常に変動しているんです。

 

仮想通貨(暗号資産)を購入したときに1万円だったとしても、

使うときには、1万円以上に価格が上がっている可能性があります。

もちろん、1万円以下になっている可能性もあります。

 

一方で、電子マネーは、価格変動がありません。

1万円分チャージすれば、使うときには、残高が1万円分残っています。

 

ポイント

仮想通貨(暗号資産)には、ポイントがありません。

いくら使ってもポイントとして還元されることがないんです。

 

一方で、電子マネーには、ポイント制度があります。

電子マネーで支払った場合は、

あらかじめ決めらたポイントがもらえますよね。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)と電子マネーの違いについてまとめました。

仮想通貨(暗号資産)と電子マネーは、明らかな3つの違いがありました。

 

一番大きなポイントは、価格変動ではないでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)は、購入(チャージ)した金額よりも増える可能性がありますが、

反対に、減ってしまう可能性もあることを理解しておく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です