仮想通貨と株の違いとは?知っておきたい7つのポイント

仮想通貨と株の違いとは

仮想通貨も株と同じ投資ですよね。

同じ投資なんですが、仮想通貨と株は、同じなんでしょうか。

それとも、違うものなんでしょうか。

 

これから、仮想通貨を始める人なら、疑問に思う部分ですよね。

 

そこで、仮想通貨と株の違いについてまとめました。

もちろん共通点もあるので、あわせてご紹介します。

仮想通貨と株の共通点

投資対象を選ぶ

仮想通貨も株も投資するものを選ぶ点は、共通しています。

例えば、仮想通貨ならコインです。ビットコインやイーサリアムが投資対象になります。

 

株の場合は、ソフトバンクや楽天のような上場企業が投資対象になります。

 

利益の出し方

投資したときの利益の出し方同じです。

通常は、買った値段よりも高い値段で売れば、その差額が利益になります。

 

もう1つ、利益の出し方があります。

すこし複雑なので、初心者の方は、慣れるまではおすすめできませんが、参考としてご紹介しておきます。

 

仮想通貨には、FXと呼ばれる売りから入ることができるシステムもあります。

株でいうところの信用取引です。

この場合も、売った価格よりもさらに安い金額で買い戻せば、その差額が利益になります。

取引所

仮想通貨も株も取引所を使って売買を行います。

仮想通貨には、販売所もありますが、販売所を経由してコインを購入する点は、共通しています。

仮想通貨と株が違う点

取引時間

仮想通貨は、24時間・365日取引をすることができます。

一方で、株は、取引きできる時間や日が決まっています。

配当

仮想通貨には、配当がありません。

株なら、配当を行っている企業の株を持っていれば、配当を受け取ることができます。

 

また、同様に、仮想通貨には、株主優待制度もありません。

税金

税金の税率にも違いがあります。

株の場合は、基本的には、売却益の20%が税金です。

実際には、もう少し複雑なんですが、わかりやすくするために、ここでは、20%とします。

 

反対に、仮想通貨の場合は、多額の税金がかかってくる可能性があります。

仮想通貨で、利益が出た分は、雑所得になると決められています。

最大で55%の税金がかかることがあるんです。

 

⇒仮想通貨の税率についての詳細はこちら

管理者

株なら、取引所で売買を管理している人がいます。

株価が上がりすぎたり、逆に下がりすぎた場合に、制限を掛けることがあります。

ストップ高やストップ安がこの制限です。

 

仮想通貨には、管理者がいません。

大幅に上昇した場合も、下落した場合でも制限がかかることがありません。

まとめ

仮想通貨と株の違いについてまとめました。

仮想通貨と株には、共通点があれば、反対に違う点もありました。

 

株は、値上がりによって得られる利益以外にも、配当金や株主優待制度といった保有者にメリットがあります。

しかし、仮想通貨の場合は、利益を得ることができるポイントが、値上がり益のみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です