仮想通貨取引所の入出金手数料が簡単にわかる!最新・比較リスト

仮想通貨の入出金手数料比較

仮想通貨を購入するときには、取引所にお金を入金しますよね。

そして、取引が終わって最終的には、出金するときがあります。

 

この取引所に入金と出金をするときにも、手数料が発生するんです。

 

実は、この入出金手数料も取引所ごとに違うんです。

入出金をする機会は、多くないかも知れないですが、知っておいて損はないポイントですよ。

 

そこで、仮想通貨取引所の入出金手数料を比較表にまとました。

取引所別の入出金手数料

取引所リスト

取引所別の仮想通貨手数料

※1 銀行手数料 ,※2 印紙税200円込み

銀行ATMを使ったときの振込みの手数料は、銀行によって異なります。目安としては、約200円(3万円未満)・約400円(3万円以上)です。

入金手数料が安い取引所

入金手数料が一番安いのが、「GMOコイン」の即時入金を使った場合です。

即時入金が使える銀行は、取引所ごとに異なります。

GMOの場合は、楽天銀行、住友SBIネット銀行、ペイジーで取引所指定の銀行から、即時入金を行うことができます。

 

但し、ペイジーを使った即時入金は、入金後に条件がつきます。

その条件とは、入金相当額の仮想通貨の送金が、7日間制限されてしまうことです。

送金の予定がないのであれば、ペイジー入金でも問題ありませんが、送金する予定があれば、ペイジー入金以外がおすすめです。

出金手数料が安い取引所

出金手数料が一番安いのは、「GMOコイン」でした。

入金手数料も最安が、GMOコインでした。

まとめ

仮想通貨取引所に入金・出金するときの手数料を比較しました。

取引所を比較すると、入金も出金もGMOコインが最安でした。

どちらも手数料を無料で使うことができます。

 

反対に一番手数料がかかるのが、CoincheckとQUOINEでした。

Coincheckは、入金時の手数料がかかります。

特に、50万円以上入金する場合は、54,480(50万円の場合)も手数料がかかるんです。

50万円未満にしておけば、1,000円で入金できるので、安く抑えることができます。

 

出金は、QUOINEが一番手数料がかかりました。他の取引所よりも150円ぐらいかかる計算です。

 

取引所を選ぶときに、入出金手数料で選ぶ必要はないのですが、できれば手数料を掛けないほうがいいですからね。

複数取引所の口座を作っておけば、使い分けができるのでおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です