仮想通貨(ビットコイン)の用途とは?5つの使い道!

仮想通貨(ビットコイン)の用途

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)には、どんな用途があるんでしょうか。

投資目的で購入して、値上がり益を得ることに注目が集まっていますが、

いろんな使い道があるんです。

 

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)の使い道をまとめました。

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)の用途

投資

ビットコインを始め、仮想通貨(暗号資産)は、価格が変動する通貨です。

購入したときよりも価格が上がる可能性があるので、

投資目的での使い道があります。

ネットショッピング

インターネットで買い物をするときに、決済用途で使うことができます。

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)を使うことができるショップは、

現在は、限られています。

しかし、今後使用できる店舗が増える可能性が高いです。

実店舗で使う

実店舗でも、仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)を使うことができる店舗があります。

インターネットと同様に、現時点では使用できる店舗は限られています。

しかし、仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)を使うことができる店舗も

徐々に増加しています。

送金

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)は、銀行から送金するよりも手数料が安いんです。

しかも、送金後が、リアルタイムで反映されるメリットがあります。

海外送金を頻繁にする人には、とてもメリットがあります。

寄付

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)の送金時のメリットは、

寄付をするときにも便利です。

 

寄付をするときに、寄付したお金がちゃんと

使われるかどうか不安に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

 

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)で寄付をする場合は、

寄付したい場所のQRコードなどが分かれば、直接寄付をすることができます。

しかも、手数料も安いので少額からでも寄付がしやすいんです。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)の用途として、5つの使い道をご紹介しました。

投資・ショッピング・実店舗での使用・送金・寄付といろんな使い道があるんです。

実生活でも、電気代がビットコインで支払うことができるようになっているんです。

取引所であるcoincheckが行っている「コインチェック電気」です。

 

コインチェック電気のいい点は、電気代の支払いをビットコインで行えるだけではありません。

電気代の数%がビットコインとしてもらえるんです。

ビットコインで支払いたい人にも、ビットコインをもらいたい人にも

便利なサービスです。

気になる人は登録してみてはいかかでしょうか。

coincheck電気はこちら(※coincheck電気の登録には、coincheckへの登録が必要です。)

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です