仮想通貨がもらえるマイニングとは

仮想通貨がもらえるマイニングとは

仮想通貨(暗号資産)のマイニングとは、どんなものなんでしょうか。

マイニングをしたら、仮想通貨(暗号資産)が無料でもらえると聞いたことがあるかもしれませんね。

無料でもらえるのなら、誰でもやりたいと思いますよね。

 

しかし、そう簡単ではないんです。

マイニングとは「どんなもの」で、「どうすれば、仮想通貨(暗号資産)が無料でもらえるのか」をまとめました。

仮想通貨(暗号資産)のマイニングとは

マイニングとは、発掘を意味する言葉です。

例えば、ビットコインの場合は、ブロックチェーンという仕組みで正確な取引できるように管理されています。

このブロックチェーンのカギを握る作業が、マイニングです。

マイニングの役割

マイニングによって、ビットコインと取引が正確に行われているのかを都度確認しているんです。

この仕組みは、「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)」と呼ばれています。

正確にやり取りができていることが確認できれば、新しいビットコインが発行されます。

このときに、一番早く正しいことを確認できた人(マイナー・発掘者)に報酬としてビットコインが支払われるんです。

マイニングで仮想通貨(暗号資産)を入手

仮想通貨(暗号資産)を手に入れるには、マイニングで一番早く計算をすることです。

しかし、この計算が簡単ではないんです。

マイニングの方法

マイニングをするには、専用のコンピュータを使って行うのが一般的です。

計算の量が多いので、専用のコンピュータを何台も用意してマイニングを行わなければ、一番に計算を終えることが難しいんです。

最近では、個人でマイニングを行うことは、不可能に近い状態です。

マイナーは、組織単位でマイニングを行って競いあっているからです。

マイニングの条件

マイニングを行うには、たくさんのコンピュータが必要なので、電気代がかかります。

マイナーは、電気代が安い場所を選んでマイニングを行っています。

中国でマイナーが多いのも電気代が安いことが理由の1つです。

 

もう1つの条件が、気温です。

コンピュータは、熱を発するので、冷却する必要があります。

気温が低い地域であれば、コンピュータを冷やすのに適していますよね。

その条件に適したアイスランドもマイニングが盛んな地域なんです。

もちろん、アイスランドも電気代が安いので、マイナーが集まる地域になっているんです。

個人でマイニングをもらう方法

マイニングは、組織規模でなければ、参入が難しい状況になっています。

一見、個人でマイニングで仮想通貨(暗号資産)をもらうことが不可能に思えますが、実は方法があるんです。

それは、マイニングをしている会社に出資することです。

マイナー(発掘者)企業

HashFlare(ハッシュフレア)

GenesisMining(ジェネシス・マイニング)

※どちらも日本語サイトがあります。

日本企業

株式会社DMM.comなども今後、マイニングに参加予定です。

今後、それ以外にも日本企業も増える可能性が高いです。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)のマイニングについてまとめました。

マイニングは、仮想通貨(暗号資産)の正確性を確保することで、その報酬として、仮想通貨(暗号資産)を得るものでした。

 

しかし、個人が、マイニングに参加するには、難しい状況になっています。

参加したい場合は、、マイニングをしている会社に出資する方法があります。

出資するメリットは、コンピュータもスペースも必要ないので、すぐに参加できることです。

デメリットは、資産を預けるので、投資という意味でも会社が潰れてしまうと資産が戻らないことです。

投資なので、うまくいくこともあれば、失敗するリスクもあることを理解しておく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です