仮想通貨(ビットコイン)の3つのメリット

ビットコインのメリット

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)のメリットは、なんでしょうか?

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)で話題になるのは、

大半が価格についてですよね。

 

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)は、価格が変動することも特徴的なことですが、

貨幣として使う場合でもメリットがあるんです。

 

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)の代表的なメリットをまとめました。

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)のメリット

低コスト

銀行から送金をするときに比べて、仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)で

送金したときの手数料が安いんです。

 

銀行から送金すると数千円の手数料がかかりますが、

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)なら、数十円で済むんです。

特に、頻繁に海外に送金する機会がある人には、かなりメリットがあります。

 

しかも、仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)は、全世界共通なので、

為替レートも手数料も気にする必要がありません。

時間が早い

送金が反映されるまでの時間が短い点も

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)のメリットです。

 

銀行から海外送金をした場合は、

送金が反映されるまでに時間がかかります。

しかし、仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)なら、リアルタイムで反映されるんです。

インフレになりにくい

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)は、発行上限が決まっています。

発行上限が決まっているので、それ以上の量が発行されることがありません。

発行上限が決まっていることは、インフレ対策になります。

 

例えば、発展途上国では、インフレや、更に状況がひどい

ハイパーインフレになることがあります。

報道番組などで、現地の人が、水を買うときに、

レジで紙幣を何枚も数えている映像を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

インフレになる要因の1つが、通貨の大量発行です。

通貨には、発行上限がないことが多く

必要に応じて発行され続けます。

通貨の流通量が増えると、価値が下がってしまうので、

買い物をするときに、たくさんのお金が必要になるんです。

 

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)は、発行上限が決まっているので、

流通量が増えすぎる心配がないんです。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)の通貨としてのメリットをまとめました。

送金の手数料が安く、送金が早いというメリットがありました。

 

また、インフレが起こりにくいというメリットもありました。

このメリットは、発展途上国の人々が、自分の財産を守るときには、

役立つ特徴です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です