仮想通貨とは?最近よく聞くビットコインの3つのポイント

仮想通貨ビットコイン

最近、仮想通貨(暗号資産)(かそうつうか)という言葉を聞くことが多くなりましたね。

テレビ番組でも取り上げられることもあり、

一度くらい仮想通貨(暗号資産)という言葉を聞いたことがある人も

多いのではないでしょうか。

 

もし、仮想通貨(暗号資産)という名前を聞いたことがない人でも、

ひょっとしたら、ビットコインという名前を聞いたことがあるかも知れませんね。

 

仮想通貨(暗号資産)やビットコインの名前を聞いたことがあるという人でも、

仮想通貨(暗号資産)やビットコインについて説明できる人は、以外に多くないんです。

あなたは、「ビットコインってどんなコイン?」と聞かれたときに、

自信を持って説明できるでしょうか。

 

では、最近よく聞く仮想通貨(暗号資産)やビットコインとは、

一体どんなものなんでしょうか。

3つのポイントをまとめました。

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上で使うことができる新しい形のお金です。

日本では、「仮想通貨(暗号資産)」という名前で定着していますが、

海外では、「暗号通貨」という名前で呼ばれています。

ビットコイン

仮想通貨(暗号資産)とは、ビットコインだと思っていませんか。

確かに、ビットコインは、一番最初に誕生した仮想通貨(暗号資産)です。

そのために、仮想通貨(暗号資産)といえばビットコインと考えている人が多いんです。

実は、ビットコイン以外にも仮想通貨(暗号資産)があるんです。

仮想通貨(暗号資産)の仕組み

インタネット上でお金(デジタル財産)を

他の人とやり取りを可能にする仕組みが仮想通貨(暗号資産)なんです。

 

今までは、お金のやり取りには、銀行口座を使った振り込みや

クレジットカードを使った決済を使う方法を使っています。

どちらの場合も、銀行口座を必要があります。

 

しかし、仮想通貨(暗号資産)なら、銀行口座を使う必要がありません。

直接取引ができるので、決済時間が短くなり、

更に手数料等の費用がかかりません。

仮想通貨(暗号資産)の特徴

管理者

仮想通貨(暗号資産)の特徴の1つが、管理者がいないという点です。

お金は、発行している国や中央銀行と大きく関わっています。

 

例えば、日本の通貨は円ですよね。円(銀行券・貨幣)は、

日本銀行が管理しています。

 

しかし、仮想通貨(暗号資産)には、その管理者がいないんです。

管理者がいないと不安に思うかもしれませんが、

安全に取引ができるシステムを構築しているんです。

そのシステムを実現しているのが、ブロックチェーンという技術なんです。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、仮想通貨(暗号資産)を支える重要な技術です。

その特徴は、取引データを複数のネットワーク参加者で共有していることです。

 

現在、インターネットで取引されるものは、

メインのサーバーで管理されることがほとんどです。

 

しかし、ブロックチェーンは、管理者がいません。

メインのサーバーもありません。

 

その代わりに、複数の参加者によって管理されるように

システムが作られています。

 

⇒ブロックチェーンの詳細はこちら

まとめ

仮想通貨(暗号資産)(ビットコイン)の特徴についてまとめました。

ビットコインとは、仮想通貨(暗号資産)の中の1つでした。

普段使っている円のような通貨とは違い、

インターネット上に存在する通貨なんです。

 

⇒ビットコインについて詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です