仮想通貨のウォレットとは?

  • URL Copied!

仮想通貨(暗号資産)の取引を始めるとウォレットという言葉を聞くことがあります。

でも、仮想通貨(暗号資産)のウォレットとは、一体どんなものなんでしょうか。

 

ウォレットを日本語にすると、「財布」という意味ですよね。

直訳すると、仮想通貨(暗号資産)の財布ということですが、何か特別なものなんでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)のウォレットについてまとめました。

目次

仮想通貨(暗号資産)のウォレットとは

簡単にいうと、仮想通貨(暗号資産)を入れておくものです。

普段使っている財布と同じイメージです。

仮想通貨(暗号資産)をしまっておくものですね。

 

しかし、このウォレットには、種類があるんです。

実は、どんなウォレット(財布)を使うかによって、思っているよりも大きな違いがあるんです。

仮想通貨(暗号資産)ウォレットの役割

保管

仮想通貨(暗号資産)を保管しておく役割があります。

これは、普段使っている財布と同じです。

購入した仮想通貨(暗号資産)をウォレットに保管しておくんです。

送金

仮想通貨(暗号資産)を送金するときにもこのウォレットを使います。

ウォレットから、送金先に仮想通貨(暗号資産)を送るんです。

 

イメージとしては、銀行口座と同じですね。

銀行口座のお金を送金したことがない人でも、振り込んだ経験はあるのではないでしょうか。

仮想通貨(暗号資産)では、ウォレットが、銀行口座の役割を果たしているんです。

受け取り

送金をウォレットからするように、送金された仮想通貨(暗号資産)を受け取るのもウォレットの役割です。

送金と同じように、受け取るときの銀行口座のような役割をウォレットがしてくれるんです。

仮想通貨(暗号資産)のウォレットの種類

ウォレットは、大きく分けると2つの種類があります。

インターネット上にある「ホットウォレット」とインターネットから切り離した場所にある「コールドウォレット」です。

ホットウォレット

ホットウォレットは、インターネット上に作るウォレットです。

口座を開設した場合には、口座の中にウォレットがあります。

その口座を使って購入した仮想通貨(暗号資産)は、ウォレットに保管される仕組みになっています。

それ以外にも、専用のWEBサイトで自分のウォレットを開設することができます。

 

また、スマホなどのアプリにもウォレットがあります。

ウォレットのアプリをスマホにインストールしておけば、口座などから仮想通貨(暗号資産)を送金することができます。

代表的なスマホアプリは、アップルの「breadwallet(ブレッドウォレット)」があります。

コールドウォレット

インターネットと接続されていないウォレットが、コールドウォレットです。

コールドウォレットには、パソコン上に作る「デスクトップウォレット」、専用のデバイスで管理する「ハードウェアウォレット」、紙に記録して管理する「ペーパーウォレット」があります。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)のウォレットについてまとめました。

財布の役割だけではなく、銀行口座の役割も持っているのが仮想通貨(暗号資産)のウォレットでした。

 

しかも、仮想通貨(暗号資産)のウォレットには、ホットウォレットとコールドウォレットの2つの種類がありました。

その中でも、ウォレットの種類が分かれていて、6種類のウォレットに分けることができます。

 

それぞれのウォレットの特徴についてはこちら

仮想通貨(暗号資産)ウォレットのおすすめとは

 

シェアお願います!
  • URL Copied!
目次
閉じる