仮想通貨ウォレット!おすすめの種類とは?

仮想通貨ウォレットのおすすめとは

仮想通貨のウォレットには、種類があります。

大きく分けると2種類(ホットウォレット、コールドウォレット)です。

もう少し細かく分けると6種類(ホットウォレット3種類、コールドウォレット3種類)と種類が多いです。

 

これだけ、種類が多いと仮想通貨をどのウォレットに保管すればいいか迷ってしまいますよね。

そこで、仮想通貨ウォレットの種類はどれがおすすめなのかをまとめました。

仮想通貨ウォレットの種類別特徴

種類別比較リスト

仮想通貨種類別特徴2

ウォレット別特徴

セキュリティ

ホットウォレットは、インターネットにつながっているので、ハッキングの可能性が高いです。

セキュリティーは、取引所によっても変わります。

一方で、コールドウォレットは、インターネットからは、切り離されているので、ハッキングの可能性が低いです。

利便性

ホットウォレットは、インターネットに接続されているので、便利です。

反対に、コールドウォレットは、インターネットに接続されていないので、使いたいときに手間がかかります。

注意点

ウォレットごとに注意が必要なポイントも異なります。

取引所の場合は、破綻してしまう可能性があります。

そうなると、仮想通貨をすべて失う可能性があります。

一方で、自分で管理するときには、PCの故障やウォレットを紛失する可能性があります。

おすすめのウォレット

おすすめのウォレットは、仮想通貨の資産の量によって変わってきます。

初心者向け

初心者で資産が少ない場合は、基本的には、取引所のウォレットがおすすめです。

利便性がいいので、売買したいときに、すぐに買うことができます。

 

もし、長期保管をしたいのであれば、ハードウェアに保管するのがおすすめです。

ハードウェアを購入する必要がありますが、取引所の破綻やハッキングのリスクがなくなるからです。

ハードウェアウォレットは、「TREZOR(トレザー)」が有名です。

Amazonでも購入することができます。

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ホワイト)

まとめ

仮想通貨ウォレットの種類についてまとめました。

どの保管方法についても一長一短があります。

しかし、仮想通貨は、どこかで管理しておく必要がありますよね。

資産が少ないうちは、そこまで考えることも少ないかも知れませんが、資産が増えてくると考えておいた方が安心です。

 

おすすめな方法は、取引する仮想通貨は、ホットウォレットに保管し、長期的な保管は、コールドウォレットに保管する方法です。

また、ホットウォレットもコールドウォレットも分散して保管することもポイントです。

1か所にまとめてしまうと、そこがダメになってしまうと損害が大きくなってしまうからです。

リスクを分散しておくことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です