仮想通貨リスク(LISK)とは

仮想通貨リスク

仮想通貨のリスク(LISK)についてまとめました。

リスクというと英語のrisk(危険)と同じ意味なので、勘違いしそうですね。

しかし、リスク(LISK)という名前の仮想通貨なんです。

 

では、リスク(LISK)とはどんな仮想通貨なんでしょうか。

リスク(LISK)とは

仮想通貨(暗号通貨)の中では、アルトコインに分類されます。

通貨単位

LSK

歴史

2016年5月発行

時価総額

約40憶ドルです。日本円にすると約4,000億円です。

仮想通貨の全体でも20位以内に入ります。

発行上限

なし

販売所

・ビットフライヤー他

リスク(LISK)の特徴

サイドチェーン

性能や処理速度が速く、過去に遡ることができる柔軟性があります。

開発言語

JavaScriptで開発が可能です。

多くの人が開発しやすい環境を持っています。

まとめ

仮想通貨のリスク(LISK)がどんな仮想通貨なのかをまとめました。

LISKの処理速度は、ビットコインの10倍です。

 

2018年からビットフライヤーでも購入ができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です