ネム(NEM)アルトコインとは?coincheck不正流出問題で注目!

仮想通貨ネム

ネム(NEM)は、Coincheck(コインチェック)の不正流出問題で、一般にも知名度が上がりましたね。

ネムは、不正流出問題が起きる前から、仮想通貨の取引をしている人の間では、人気のあるアルトコインでした。

もちろん、優れた技術を使った仮想通貨なんです。

不正流出してしまったのは、ネムに問題があったわけではなく、取引所の管理体制ですからね。

 

では、アルトコイン・ネムには、どんな特徴があるのかまとめてみました。

ネムとは

仮想通貨(暗号通貨)の中では、アルトコインに分類されます。

通貨単位

XEM(ゼム)

歴史

2015年3月発行

時価総額

約90憶ドルです。日本円にすると約9,000億円です。

仮想通貨の全体でも10位以内に入ります。

発行上限

89憶9,999万9,999XEM(発行済)

発行方法

全数発行済みのため、マイニング等で発行されることがありません。

価格の推移

NEMバナー

ネムの特徴

プルーフオブインポータンス(Proof of Importance)

報酬が与えられる条件として、保留量だけではなく、取引の多さも考慮されるんです。

まとめ

アルトコインのネムがどんな仮想通貨なのかをまとめました。

コインチェックの問題で、クローズアップされましたが、以前から人気のある仮想通貨なんです。

しかも、2018年に、カタパルト(改良)があると言われています。

そうなれば、処理速度が数段早くなるので、更に人気の仮想通貨になる可能性を秘めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です