ザイフでビットコインが0円で買える?

ザイフでビットコインが0円

なんと、ビットコインが0円で買えるという事態が起こったんです。

ビットコインは、現在でも1BITが、100万円以上の価格です。

しかし、実際に、0円でビットコインを購入した人がいたそうです。

0円でビットコインを購入できるなんてありえないですよね。

 

では、購入者たちは、どうやって、取引所ザイフでビットコインを0円で購入したんでしょうか。

ビットコインを0円購入できた理由

まず、ビットコインを0円で購入した状況をまとめました。

購入可能時間帯

2018年2月18日17:40頃~(約20分間)

購入可能場所

Zaif(ザイフ)

購入者数

7人

理由

システムトラブル

 

ビットコインを0円で購入することができた理由は、「システムトラブル」のようです。

理由がわかってしまえば、「そーいうこと」と納得してしまいそうですよね。

しかし、気になることがありませんか。

0円で購入した人は、どうなったかということです。

ビットコインを0円で購入した人は

購入時

ビットコインを0円で購入した人は、買えるだけのビットコインを購入していたそうです。

0円で購入できるので、いくらでも購入できますよね。

システム復旧後

システムが普及したら、購入したビットコインは、どうなったんでしょう。

ビットコインの金額が正しい金額になったときに、購入者さんのウォレットがすごいことになったそうです。

総資産が、桁外れに増えていたそうです。

1BITの価格×所有コイン数となれば、恐ろしい金額になったそうです。

トラブルが判明した理由

ビットコインが0円で購入できたトラブルが判明した理由は、明確には伝えられていません。

しかし、伝えられている状況から推測すると、大量のビットコインが売りに出されたことが理由のようです。

売りに出された数量

売りに出されたビットコインの数は、なんと20憶BIT!!

1BITを100万円としても、約2,000兆円です。

桁数が多すぎて、どれくらいの金額なのか、よくわかりませんよね。

 

参考までに、日本の国家予算が約100兆円です。

単純計算をすると2,000兆円は、日本の国家予算の20年分なんです。

これだけあれば、増えづつける日本の借金も一気に返すことができますね。

売りに出された結果

売りに出された大量のビットコインは、取引されることはなかったそうです。

理由は、売りに出した購入者が、意図的に、指値で注文を出していたからだそうです。

もし、成り行きで注文を出していれば、価格が暴落してしまっていたはずです。

 

ビットコインの発行上限は、2100万BTCですからね。

20憶BTCは、発行上限を超えてしまっています。

つまり、発行上限の20倍もの大量のビットコインが販売されたことになているんです。

存在しないビットコインを購入できてしまっていたんです。

システム修復後

ザイフとしては、ビットコインの異常に気付き、価格を正しい数値に変更しました。

そのとき、0円で購入した人達はどうなったんでしょうか。

購入者たちのアカウント

まず、購入者たちのアカウントは、凍結されたそうです。

そして、その後、0円で購入したビットコインは、どうなったんでしょう。

 

もちろん、大量のビットコインは、アカウントから消えたそうです。

システムエラーで購入できてしまったので、削除されても仕方がないですよね。

しかも、0円で購入した分ですからね。

まとめ

ザイフでビットコインを0円で購入できてしまった事件についてまとめました。

Coincheckのように被害者の数が少ないことが理由なのか、大きく報じられることはありませんでした。

しかし、金額だけで比較すると、今回の件の方が明らかに大きいですよね。

 

今回のようなトラブルが起こった場合は、取得したコインが無効にできるような内容が、ザイフの規定の中にあったそうです。

もし、その規定がなければ、購入した人たちは、大儲けできていたことになりますね。

 

過去に、証券会社が、株の売り注文数量を間違えて、その株価が急落したトラブルがありました。

そのときに、その事実を理解して購入した人は、大儲けしてニュースで報道されていましたからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です